ルミガンは頭髪

ルミガンは頭髪にも有効です

まつ毛の育毛剤として女性の間で注目を集めているルミガンは、緑内障の点眼薬として開発されました。

このルミガンを使用している緑内障患者の多くが、副作用でまつ毛が伸びたり、増えたり、濃くなったりしたことで、開発元のアメリカのアラガン社で研究され、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)ではまつ毛の育毛剤として認可されている、効果が立証されているものです。

日本でも多くの女性がルミガンによってまつ毛が伸びたり、増えたり、濃くなったという報告がインターネット上にあふれています。

ルミガンの効果は約2か月で現れ、長さが25%、密度が6%、色の濃さが18%ましたという報告がされています。

今、この効果が一部の男性からも注目されているというのです。

それは、頭髪の育毛剤としての使用です。まつ毛が伸びたりするのだから、なくはない話ですよね。

それにルミガンの副作用について調べてみると、薬液が付いてしまったまぶたなどからも毛が生えてきたという報告もされているので、これは頭髪用の育毛剤としても注目される理由がわかります。

これに関しては、一部の方が実際に頭髪に試しているようですが、効果があったという方もいれば、全く効果がなかったという方もいらっしゃいます。

現在このルミガンの成分ビマトプロストと薄毛改善の研究はされており、近い将来画期的な薄毛治療薬が作られるかもしれませんね。

そして、円形脱毛症などの治療に関しても大変期待されています。

2011年9月には第二相臨床試験に着手したと報じられています。

医薬品の効果を確かめるためには数年から数十年かかると言われていますから、まだ時間がかかりそうです。

現在研究中の事であり、副作用等についてもまだ研究段階なので、自己判断での使用は避けてください。

まつ毛の育毛剤として使用している方でも、痒みや色素沈着と言った副作用が出ている方もいます。

ルミガンも医薬品であり、取扱には注意しなければならない事をお忘れなく。

>>ルミガンの詳細はこちら<<