ルミガン 病院

ルミガンを病院でもらうために

まつ毛の育毛に効果があると世界中で愛用者が増えている「ルミガン」ですが、本来は、緑内障の点眼薬として開発された処方箋医薬品です。

アメリカのアラガン社という製薬会社が開発したのですが、このルミガンを使用した患者の多くにまつ毛が伸びたり、増えたり、濃くなったりという副作用があり、まつ毛の育毛剤としての研究が始まりました。

ルミガンの成分ビマトプロストはまつ毛の毛周期の成長期延長、毛包の刺激、メラニン生成の活性化という効果があることがわかりました。

ルミガンは健康な目に入ってしまうのは良くないのですが、まつ毛の生え際に塗る程度であれば、健康被害もないという事がわかり、ルミガンと同じ成分の薬剤にアプリケーターという薬液をまつ毛の生え際に塗るための専用のブラシを付けたラティースという製品を販売しました。

これはアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)でまつ毛の育毛剤として認可されています。

そして、アメリカでは、抗がん剤治療などでまつ毛を失ってしまった患者にルミガンが処方されることもあるという、信頼のおける医薬品です。

日本では、本来の緑内障治療の点眼薬としての認可しかされていない為、基本的には処方してもらえませんが、美容クリニックや、一部の眼科など病院によっては、アメリカのFDAで認可されていることを受け、自由診療により処方してもらう事ができるようです。

基本的には認可されていない使用方法になるため、海外製品を個人輸入で購入する方が多いのですが、目の病気にかかっていたり、妊娠中や授乳中の方は使用できないなど、制約もある医薬品であるので、病院で医師に相談してからの購入が安心・安全に使用することができるのではないかと思います。

個人輸入は数多くの代行会社があるので、インターネット通販を利用するように簡単に購入することができますが、制約を知らずに使用して健康被害があったとしても自己責任になるというリスクを考えましょう。

>>ルミガンの詳細はこちら<<